sora’s blog デジタルシニアライフ

デジタルモノ好きなシニアの日々の記録です。

クラムシェルモードで使うため、MacBookAir用に縦置きスタンドを買いました

27インチモニターを導入したときに、一緒にHDMI変換ケーブルを買って、MacBookAirをモニターに表示できるようにしていたのですが、ほとんど使っていませんでした。

最近になってGoPro動画編集のためにMacBookAirを使うようになり、そうなるとやはり大画面の方が圧倒的に作業し易いため、頻繁に27インチモニターに接続して使うようになりました。

内蔵ディスプレイと合わせて2画面が使えると便利ではあるものの、ディスクスペースの関係でクラムシェルモードで使うことが多くなり、今回、MacBookAir用に縦置きスタンドを買いました。

縦置きスタンドは色々な種類が出ていますが、機能優先で、幅が調整できて、前面にもうひとつ立てられるようになっているBestandというブランドのLAPTOP STANDを選びました。

f:id:uwano-sora:20180806201038j:plain  f:id:uwano-sora:20180806201109j:plain

実際のモノもなかなかしっかりした作りで重さも適当で満足です。

f:id:uwano-sora:20180806201718j:plain

幅が調整できるのはメインの部分だけです。前面の置き場所は結構幅が広く、調整できないので立てかける感じで使います。従って倒れる危険がありますので、使い方に注意が必要です。

筆者は始めBuffaloの外付けDVDドライブを置くつもりでしたが、そのままだと角度が微妙ですぐに前に倒れてきてしまいます。

f:id:uwano-sora:20180806201534j:plain

マジックキーボードだと薄いので、少し角度を付けて立てかけられます。

f:id:uwano-sora:20180806201610j:plain

取り合えずマジックキーボード置き場として使おうと思っていますが、何か隙間に詰めればDVDドライブでもいけるかも知れません。もう少し工夫してみようかと思います。