sora’s blog デジタルシニアライフ

デジタルモノ好きなシニアの日々の記録です。

デスクトップPCを解体しました

自宅のデスクトップPCのCPU周りを交換するための準備とパーツの取り外しを行いました。

まず、交換作業中は使えるPCはMacBookAirのみということになりますので、取り敢えずWindowsのデスクトップPCで使っていたディスクをMacBookAirからもアクセスできる状態にしておきます。

デスクトップPCの内蔵ディスクは480GBSDD、250GBHDD、300GBHDDの3台です。250GBHDDは元々あった起動ディスクで、内容をSDDにコピーした後は実質的に使っておらず、また、300GBHDDの方も作業用として使っているので取り敢えず不要。

他にデスクトップPCにUSBで外付けして使っているHDDが1台ありますが、これは必要なときにMacBookAirにUSBで繋げばOK。NTSFフォーマットですが、そのままでもMacから読み込みできることは確認済みです。NTSFのディスクに書き込みするにはいつくか方法がありますが、今回は一時的なので読み込みだけでいいでしょう。

ということで、問題は起動ディスクである480GBSDDです。これにはWindows10をクリーンインストールしてしまう予定なので、バックアップとして余っているディスクにコピーして、MacBookAirからもアクセスできるようにしておきました。

使っていなかった内蔵ディスクにバックアップして、SATA-USB変換ケーブルを使ってMacに繋いでも良かったのですが、たまたま500GBの外付けディスクが余っていたのでこちらにクローンディスクを作成しました。クローンディスクを作成するには、フリーのバックアップソフト(EaseUS Todo Backup Free)を使用。このソフトは以前SSDにクローンを作成したときにもお世話になっていましたが、最新版を窓の杜から落とし直しました。

ハードウェアとしてはケースとドライブ類を流用する予定でしたので、それ以外のものはケースから外してしまいました。

久し振りにケースを開けたので、中の混沌とした汚さに一瞬ひるみましたが、気を取り直してケーブル類を外して電源を取り出すと一気に見通しが良くなりました。

あとは拡張ボードを外し、マザーボードを取り出すと、ドライブ類を残してスッカラカンのケースになりました。これでいつでも組み込みが始められます。

f:id:uwano-sora:20180902194140p:plain

f:id:uwano-sora:20180902194159p:plain

f:id:uwano-sora:20180902194219p:plain

まだパーツの準備ができていないにも関わらず、気の早い話でした。(^_^;