sora’s blog デジタルシニアライフ

デジタルモノ好きなシニアの日々の記録です。

マクセルのiVDRレコーダ「VDR-R2000」が故障したので内蔵HDDと冷却ファンを交換

もう1年も前の話になりますが、マクセルのiVDRレコーダVDR-R2000が故障しました。チューナーでテレビを見ていたら突然電源が落ち、以後立ち上げても数秒で落ちてしまうようになったのです。

f:id:uwano-sora:20181121040439j:plain

ちなみにiVDRレコーダとは、コンテンツ保護に対応したiVDR-S規格のリムーバブル・ハードディスクが使えるハードディスク・レコーダーです。通常のハードディスクと違い、iVDR-S規格のリムーバブル・ハードディスクに録画したデジタル放送は他のiVDR機器でも再生できるので、録画した機械が故障しても安心なのですが・・・

内蔵HDDの交換をトライ

その昔、東芝ハードディスクレコーダーで何度も経験したので、内蔵HDDが飛んだのではないかと疑いました。そこでネットで調べると、iVDRレコーダの内蔵HDDは、iVDRカセットに入っているHDDに換装できることが分かったので、トライしてみました。

元々内蔵されていたHDDは250GBでしたが、500GBのiVDRカセットを分解して内蔵HDDを取り出し、HDD換装用に使うことにしました。ちなみにiVDRカセットを分解するのにはT4ビットのトルクスドライバーが必要です。

VDR-R2000は後にあるネジ3本を外すだけで天板がはずれ、簡単に内部にアクセスできます。内蔵HDDもネジ1本で固定している金属板を外すだけで取り出せるので超簡単!もちろん家電製品の内部にアクセスするのはリスク大なので自己責任で。

ところでiVDR-Sの内蔵HDDは物理的に入れ替えただけでは使えません。レコーダのリモコンを使って秘密の呪文を入力してやる必要があります。

こうしてなんとか無事500GBに換装成功。しかし残念ながら電源が落ちる症状は全く変化ありませんでした。(~_~;;

冷却ファンの交換にトライ

もう少しネットで調べてみると、冷却ファンの故障でも同様の症状が発生するという情報を見つけました。冷却ファンの状況を見ると、電源をあげた直後は回るのですが、すぐに止まってしまい、その後電源が落ちているようです。

使われていた冷却ファン(NMB-MAT 2106KL-04W-B39)についてネットで調べてみると、既に製造中止で入手できないようで、中古品に1万円前後の値が付いていました。交換して治る確証が持てないので、交換部品にそんなにお金を掛けたくありません。

同じくらいのサイズ・スペックでセンサー付きの冷却ファンが、AMAZONで約千円で売っていたので買ってみたのですが、付け替えたところやはりダメでした。(後で気付いたのですが、AMAZONで買った方はセンサー出力がパルス信号でしたが、元々付いていた方はローター・ロック信号と、センサー出力の仕様が異なっていたようです)

f:id:uwano-sora:20181121040558j:plain

その後、新しいiVDRレコーダを買ったりしたので、もうVDR-R2000の方はあきらめていたのですが・・・

最近になって、日立のUTシリーズという液晶テレビのコントロールボックス(Woooステーション)に使われていた冷却ファンが、VDR-R2000のものと同型であることを知り、日立家電部品を扱う通販ショップで探したところ、日立の型番(UT32-HV700B-118)は違うものの製品の写真を見ると確かにNMB-MAT 2106KL-04W-B39そのものであることが確認できました。

f:id:uwano-sora:20181121040648j:plain

早速入手して交換したところ、完璧に治りました!

f:id:uwano-sora:20181121040732j:plain

捨てないでよかった〜(^O^)

iVDR-R2000が復活したことで、我が家のiVDR機器は4台になってしまいました。

  1. iVDR-R2000(HDD250GB→500GBへ換装, iVDR-Sスロット x1)
  2. Family Max(HDD1TB, iVDR-Sスロット x1)
  3. BIV-R1021(HDD1TB, iVDR-Sスロット x1, ブルーレイドライブ)
  4. BIV-TW1100(HDD1TB, iVDR-Sスロット x2, ブルーレイドライブ)

全てマクセル製品ですね。実はこのなかで一番気に入っているのがiVDR-R2000だったのです。立ち上がりが早くて、動作がきびきびしているので、使っていて気持ちがいいのですね。特にHDMIの自動切り替え器との相性がいい。

マクセルファンというかiVDRファンな我が家ですが、残念ながらマクセルのiVDR-S規格のリムーバブル・ハードディスクである「iV」は、2019年3月31日で販売終了となるそうです。(>_<)

https://www.maxell.jp/info/assets/pdf/info180615.pdf

iVDRは今でもいい規格だと思っていますが、思うように普及しませんでしたね。本当に残念です。

とりあえずもう少し「iV」を確保しておくとしましょうか。