sora’s blog デジタルシニアライフ

デジタルモノ好きなシニアの日々の記録です。

miniDVビデオテープをPCに取り込むためにIEEE1394拡張ボードを追加しました

過去の家族写真・動画を整理するにあたり、昔撮影したminiDVテープが問題でした。

幸い家にあるDVハンディカムはまだ動くので、テレビに繋いでminiDVテープの内容を見ることは可能ですが、他のデジタル写真や動画と同じように簡単に見返すことができるようにしたいので、PCに取り込みたいと思います。

筆者のDVハンディカムはSONY DCR-TRV18Kという機種ですが、外部出力端子はアナログの映像端子の他、DV端子とUSB端子があります。

f:id:uwano-sora:20190129212617j:plain f:id:uwano-sora:20190130041958j:plain

できれば画質を落としたくないのでデジタルで取り込みたいのですが、残念ながらUSBストリーミングでPCに取り込む機能はもう使えないようなので、DV端子を使って取り込むしかなさそうです。

DV端子i.LINKFireWireというのはいずれもIEEE1394という規格ですが、残念ながら筆者のPCにはIEEE1394端子はありません。というか最近のマザーボードにはついていないと思いますので、拡張ボードを追加して対応するしかありません。

ということでIEEE1394の拡張ボードを調べてみたのですが、どうも古いIEEE1394拡張ボードは最近のPCI Express拡張スロットと相性が悪いというか、互換性に問題があるようです。

筆者が使っているPCのマザーボード(ASRock B360M PRO4)にはPCI Express 3.0という拡張スロットが付いていますが、規格上はPCI Express 1.1以上のボードとの互換性があるようです。

IEEE1394ボードはPCI Express 1.0a対応というのが多いようですが、IEEE1394の拡張規格であるIEEE1394bに対応しているボードでPCI Express 1.1対応と明記されているものがありましたので、それを購入しました。

製品名は「エアリア GT800Express」型番は「SD-PEFWT8-3E1PL」というものです。

f:id:uwano-sora:20190129211022j:plain

IEEE1394規格では4ピンと6ピンの2種類の端子がありますが、IEEE1394b規格は9ピン端子のようです。但しこのボードには9ピン端子2つの他に6ピン端子も1つ付いており、ハンディカムのDV端子は4ピンなので、ちょうどAMAZONで安かった4ピン-6ピンのIEEEケーブルを同時に購入しました。

f:id:uwano-sora:20190130041802j:plain f:id:uwano-sora:20190130041820j:plain

実際にボードをマザーボードに差し込んでPCを立ち上げ、デバイスマネージャを見てみると問題なく認識されているようです。

早速ケーブルでボードと繋げたハンディカムの電源を上げると、事前にPCにインストールしてあったSONYの画像管理ソフトPlay Memories Homeが立ち上がり、DVの取り込み画面が表示されました。

f:id:uwano-sora:20190129211549j:plain

「取り込み開始」をクリックするだけで、テープが先頭まで巻き戻されて取り込みが開始され、映像が5秒途切れた時点で取り込みが自動的に終了します。ディスクにはシーン毎にaviファイルが分かれて保存されますので、とても便利!

しかもこのaviファイルにはビデオを録画した日付・時間も記録されているようで、ファイルのプロパティでは見れませんが、Play Memories Homeで見るとちゃんと表示されるので、整理するにも助かります。

テープなので取り込みにリアル時間が必要なのは仕方ありませんが、時間を見付けて全てのminiDVテープを取り込みたいと思います。